『システム英単語』中学版[改訂版]—レベル・難易度・評判・特徴【レビュー】

タイトルシステム英単語 中学版
出版社駿台文庫
出版年・価格2021/3/1 1760円
著者霜 康司
目的・分類中学英単語
問題・ページ数
(完成日数)
372ページ 562例文 1824単語(熟語含む)
総合評価
対象・到達レベル
(偏差値目安)
中学復習
(ALL)
教科書基礎
(40~45)
教科書標準
(45~50)
入試基礎
(50~55)
入試標準
(55~65)
入試発展
(65~70)
※[入試基礎=日東駒専・共通テスト・地方国公立] [入試標準=MARCH・標準~上位国公立(地方医学部含む)] [入試発展=早慶・旧帝大・医学部・一橋・東工大(科学大)]

対象・到達レベル

・難関高校(偏差値65程度)までの入試に対応する中学英単語・熟語を網羅

・中学版システム英単語はキーセンテンス(ミニマルフレーズは無し)

 全国有数の難関高校を除くほとんどの高校入試に万全の対応ができるだけの網羅性があります。英語は年々重要性が増しているため、大学入試まで視野に入れるなら(中学生のうちから)システム英単語Basicまで取り組んでも良いかもしれません。英語の先取りは大学入試をかなり有利に進められます

システム英単語とは?

 システム英単語も有名な参考書の一つです。最大の差別化はミニマルフレーズによる汎用性の高さなのですが、中学版ではキーセンテンスとして1800語を562の例文にして覚える仕様になっている点は注意が必要です。

 価格が少し高めの理由は、一冊で完了できるように内容の充実が図られているためです。中学ターゲットでは単語と英熟語で2冊必要ですが、システム英単語なら1冊で済むことを考えると価格も納得できると思います

 速読英単語ほど長文を重視しているわけではなく、ターゲットほどシンプルすぎない。システム英単語はバランスの良い単語帳と言えます。大人の学び直しを謳う中学生向け参考書はシステム英単語くらいなので、日常会話に必要な単語・熟語・文法をチェックする意味でもコスパの良い一冊になっています。

システム英単語Basicとの違い

 高校生向けのシステム英単語Basicは高校基礎~共通テスト、地方国公立、中堅私立までを網羅し、システム英単語の代名詞であるミニマルフレーズもしっかり備えています。システム英単語(中学版)とBasicの単語レベルを比較すると、中学版は大学入試で言うところの偏差値40~55まで網羅しているのに対して、Basicはおおよそ45~60手前まで網羅しています。Basicには中学英単語の復習が含まれているため、高校偏差値50~60の高校生はBasicから始めるのがベストかもしれません。

 もし、高校入学前にシステム英単語(中学版)を完璧にできた、あるいは高校偏差値65以上であれば、Basicを経由せずにシステム英単語に接続してしまっても問題ありません。システム英単語は大学偏差値50~65までを網羅しています。もちろん、「中学版→Basic→システム英単語」とあえて重複部分を残しながら進むのも有効ですが、個人的には速読英単語のような文章形式を除き、単純暗記型の単語帳は冊数を少なくする方針が好みです。文章を通じて覚える方が単語に対する問題意識が芽生えやすく、記憶の定着にも有効に働くと思われます。

中学版はキーセンテンスによる高速周回(562例文)

 単語を覚える方法や形式は様々ありますが、もともとキーセンテンスによる暗記はDUOが有名です。例文の中に覚えるべき単語熟語が網羅されているため、例文と共に覚えられるだけでなく、例文音声による高速周回が可能です。本書は一周40分。効率良く周回できる形式がまさにシステムと冠される理由なのだろうと思います。

 また、単語は一語一訳で完結させず、できるだけ文章を生きる単語に触れ、単語の意味(概念形成)を行った方が長期的には効率が良くなります。一つの意味を完璧に覚えるというより、コアイメージを捉える方が重要です。

 注意点としては、2021年の最新版1800語に対して、2014年の旧版が1700語になっています。大人の学び直しなら気にすることはありませんが、2020年度から小学校での英語必修化の流れを受けて、多くの中学生向け参考書の内容は改訂されました。これは学習指導要領に示される「中学卒業までに学習する1200語」が「2200語~2500語」と増加した背景があります。とは言え、急に新しい英単語が生み出されるわけではありませんから、高校から中学校、中学校から小学校への前倒しがあったものと推測されます。

接続先のオススメはDUO

 システム英単語は高校版と中学版では特徴が異なるため、同じシリーズでありながらも実は接続先として有力ではありません。そこでシステム英単語[中学版]に慣れた人にとっては『DUO』がオススメです。システム英単語[中学版]を完璧に仕上げたのなら、大学偏差値で言うところの55程度までには到達していますからDUOに取り組むレベルとしてベストです。しかもなぜだか例文の数もDUOとシステム英単語[中学版]はほぼ同じ。

 特に「熟語」の暗記に苦戦している人にはキーセンテンス形式を推します。単語を覚えるためには高校生向けシステム英単語のミニマルフレーズが優秀なのですが、熟語はできるだけ文章に近い形式が覚えやすいと思います。その点で速読英熟語も候補に挙げられますが、速読英熟語[改訂版]は最初から英文のレベルが高く、大学の過去問ベースでもないため、個人的には積極的に薦められるものではないと考えています。

 それに単語と熟語を分けて冊数が増えるよりも、現役中高生にとっては単語と熟語が一つになっている方が時間効率から取り組みやすいでしょう。昔はかなり有名な単語帳だったDUOも、今となっては微妙な位置付けというか、あまり注目されなくなっていますが、派生語・関連語含めた収録語数は圧倒的なものがあり、補足情報も充実し、その完成度の高さは色褪せないものがあります。「システム英単語[中学版]→DUO3.0」によって、おおよそ大学偏差値60~65まで到達可能です。ただ、キーセンテンスとは言え、文法知識があってこそ真価を発揮する点と音声は別途有料という点は注意が必要です。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!