英単語ターゲット1200 改訂版—レベル・難易度・特徴・評判【レビュー】

タイトル英単語ターゲット1200 改訂版
出版社旺文社
出版年・価格2020/1/21 990円
著者ターゲット編集部
目的・分類高校入門レベルの単語帳
問題・ページ数
(完成日数)
単語1400語+熟語300語=1700語 496ページ
総合評価
対象・到達レベル
(偏差値目安)
日常学習
(ALL)
教科書基礎
(40~45)
教科書標準
(45~50)
入試基礎
(50~55)
入試標準
(55~65)
入試発展
(65~70)
※[入試基礎=日東駒専・共通テスト・地方国公立] [入試標準=MARCH・標準~上位国公立(地方医学部含む)] [入試発展=早慶・旧帝大・医学部・一橋・科学大(旧:東工大+東京医科歯科)]

対象・到達レベル

・偏差値45~55、共通テスト、日東駒専・地方国公立(下位)レベルまで到達可能

 おおよそ高校入門~入試基礎レベルの単語まで網羅されているため、英語が易しい大学なら本書だけでも戦えます。ただ、英語には時間をかけた方が合格率は上がるため、本書を終えた後にターゲット1900やシステム英単語、速読英単語(必修編)まで取り組みたいところです。

 また、高校生向け英単語ターゲットには1200、1400、1900と3冊あります。そのうち1900が最も有名ですが、高校入門レベルの単語が抜け落ちている点は注意が必要です。基本的には1200から1900への接続が良好。1900まで終えればMARCHレベルなら十分。早慶レベルでも学部によっては通用しますが、早慶は学部の傾向に合わせた単語を過去問から作成した方がより良い場合もあります(特に理工学部)。

中学から高校の接続を円滑にするターゲット1200

 英単語でお馴染みのターゲットシリーズの高校入門レベルになります。ターゲット1200と表記されていますが、実際には単語1400語+熟語300語=1700語が収録されています。巷で有名な「ターゲット1900」ではオーバーワークになってしまう人にとって1200や1400がより良い選択肢です。

 ターゲット1200は中学英単語の復習として200語割かれていますから、中学から高校に接続するのに最適なレベル帯になっています。ただ、中学英単語ターゲット1800のように難関高校まで網羅する単語帳を使用していた場合、ターゲット1200の多くをすでに知っている状態にあるかもしれません。この場合、ターゲット1200を飛ばして1400、あるいは1900から始めても問題ないと思います。

 一方、熟語に関しては中学熟語の復習は設けられておらず、どちらかと言うと高校入門レベルの熟語が並んでいます。そのため、熟語だけは中学レベルを一通り覚えてから取り組んだ方がいいかもしれません。一般的に高校の英熟語は、英熟語ターゲット1000や速読英熟語からしておおよそ1000語が目安とされています。その1000語のうち、300語を先取りしているのが本書です。

 これ一冊で共通テストまで網羅できるというのは少し言い過ぎのような気もしますが、全体的な語彙のレベルが下がり、長文読解(速読)の比重が上がった現代受験英語では意外とその通りかもしれません。大人の学び直しの場合、中学英単語熟語を7割は知っているという方にオススメです。音声無料ダウンロード付きで文句のつけようのない英単語帳になっています。

本気で取り組むなら訳文から英作文まで

 もし、ターゲット一冊でこれでもかと英語力を伸ばしたいなら、訳文を利用した英作文トレーニングもオススメです。この点においてはシステム英単語やLEAPよりも、一例文で統一されている本書に優位性があります。魅力的な参考書が数多くあるため、本書を一語一訳の単語暗記と割り切ってしまうのも良いのですが、ある程度文法を押さえたあとなら訳文から英作文に挑戦するメリットはあります

 本格的に取り組むかはさておき、英作文の意識を持ちながら例文に触れるだけで易しめの英作文には対応できるようになると思います。英作文の比重の軽い大学なら、それだけで十分かもしれません。これは時間の無い受験生にとって意外と大きなアドバンテージです。それに新しい参考書に手を伸ばすより、もとからある参考書を工夫して使い倒した方が高校生には都合が良いと思われます。

あえて重複する部分を残しながら確実に基礎固めする

 学生の場合、英語だけを勉強するわけではないため、どうしても費用対効果の高い戦略を採用せざるを得ませんが、大人の学び直しなら基礎ほど確実に固めておく方針がオススメです。重複する部分の重要性はもとより、少しでも多くの英文(単語ごとの例文)に触れておいた方が良いからです。

 そもそも重複なしの完璧な接続(参考書の移行)は存在しないとも言えますし、ある程度の重複があるからこそ、次のレベル帯で挫折しないとも考えられます。学生時代は時間制限もあり、ついつい駆け足で進みたくなっていましたが、それは挫折の危険を孕み、曖昧な記憶に陥るという試験勉強としてはあるまじき行為であったと反省します。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!