新課程 チャート式基礎と演習数学—白チャート・レベル・問題数・使い方・特徴【レビュー】

タイトル新課程 チャート式基礎と演習数学
出版社数研出版
出版年・価格2022/2~ 約2000円
著者チャート研究所
目的・分類教科書基礎~入試基礎固め・インプット型参考書・問題集
問題・ページ数
(完成日数)
数学IA+IIB+IIIC(例題+TRAINING+EXECISE+実践)2191題
総合評価
対象・到達レベル
(偏差値目安)
日常学習
(ALL)
教科書基礎
(40~45)
教科書標準
(45~50)
入試基礎
(50~55)
入試標準
(55~65)
入試発展
(65~70)
※[入試基礎=日東駒専・共通テスト・地方国公立] [入試標準=MARCH・標準~上位国公立(地方医学部含む)] [入試発展=早慶・旧帝大・医学部・一橋・東工大(科学大)]

対象・到達レベル

・高校数学を教科書基礎レベルから満遍なく固めたい人

・教科書基礎~入試基礎まで(河合塾模試の偏差値55程度、60まで視野に入る)

・多くの問題数にしっかり取り組む時間のある人、取り組み方を理解している人

 網羅系の長所を最も引き出す基礎固め専用の参考書です。本来、チャート式のような網羅系参考書は使い方が難しいのですが、白チャートのように教科書基礎からであればむしろその量が建設的に働きます。はっきり言って、ほとんどの受験生は白で十分です。

ほとんどの受験生が白で十分な理由とは?

 スタート時から難関大を目指せるだけの実力(偏差値)を備えている人は全体の10%にも満たないのが現実です。多くの受験生は高校数学の教科書レベルの復習や先取りから始めることになります。黄・青チャートにも教科書レベルが含まれているため、一見すると到達レベルの高いそれらが上位互換のように錯覚しますが、実際には教科書レベルの問題数は十分と言えず、解説も丁寧な白チャートに比べると基礎固めとしてはほとんど機能しません。

 黄・青チャートを最初から常用できる人とは、学校の定期テストで満点を獲り続けていたり、塾の問題演習で教科書~入試基礎レベルまでを何度も解いていたりする難関大志望(早慶・旧帝・医学部)の理系です。文系なら最難関大を志望していたとしても、白+入試標準問題集+難問対策、あるいは黄+難問対策の組み合わせが良いでしょう。白で十分という言い方は誤解を生んでいるかもしれませんが、白から始めなければならない人がほとんどという意味です。

本書の構成・問題数

 この表の通り、チャート式の問題数はかなり多いです。有名な問題精構シリーズは入門が約500題、基礎が約750題とチャート式の半分程度となっているため、勉強の取り組み方がまだ確立していない人には解説も丁寧な入門・基礎問題精講がオススメです。ただ、白チャートの難易度ならサクサク解き進められるため、少しくどいくらいに基礎固めする意味でも、チャート式の中では解説が最も丁寧でもある白チャートを個人的にはオススメしています。

数学は基礎固めが最重要

 どんな科目にも言えることですが、基礎固めは非常に重要です。その中でも特に数学は高校数学以前に中学数学が、中学数学以前に小学算数が疎かになっていると、いくら勉強しても全く伸びません。さらに、全ての科目の中で最も深い理解を要求されるため、勉強の取り組み方が間違っていても全く伸びなくなります。

 しかし、逆に言えば、正しい勉強方法と基礎固めを重視することで着実に伸びるようになります。何なら歴史科目に比べて覚えることが少なく、軌道に乗ったら非常にコスパの良い科目として武器にもなります。

 では、基礎固めを効果的に行える参考書・問題集は何か?というと、本書(白チャート)です。本当は星5を付けても良いくらい評価していますが、チャート式は使い方が難しいのもあって『4.5』にしました。本書の優れている点は、網羅すべき基礎を十分な問題数で様々な角度からアプローチしていることです。

 数学における基礎を固めるとは、1つの知識を何度も周回して覚えることではなく、1つの知識の様々な運用方法を知りながら深めることにあります。特に基礎は(基礎の集合体である)発展に比べて、どうしても数が多くなってしまうため、参考書・問題集には十分な網羅性を求めることになります。このとき、網羅性と解説の充実度は反比例しやすい傾向にありますが、この点が問題とならない白チャートが筆頭候補に挙がるわけです。

チャート式の使用条件・時期

中学からの先取りならいつでも、高校1年生、遅くとも高校2年生の夏までにスタート

 高2夏を超えてからチャート式は遅い可能性が高いです。高2夏にスタートする場合でも、高2を基礎固めの期間として許される志望校に限ります。スタート時のレベルによりますが、MARCH・地方国公立あたりが限界かもしれません。それ以降は安定度を犠牲に『厳選・逆転型』の方針に切り替えるしかなくなります。

 もし、勉強習慣がない人や学校、学習塾でのサポートがないようなら入門・基礎問題精講を推奨します。勉強に不慣れな人ほど、薄めの参考書をしっかり終わらせることを優先してほしいと思います。少しずつ勉強の取り組み方や仕上げる感覚を理解することで、参考書ルートの机上の空論に振り回されずに済みます。参考書一冊の完成度だけでも個人差はかなり大きいものです。

 ただ、チャート式はその網羅性によって教科書の補助教材としても使用できるため、高校の授業に合わせた復習、先取り学習としてなら積極的に使用できます。要するに辞書に近い形で利用する方法です。高校1年生の頃からチャート式を片手に、先取りと復習で何周もできていたら基礎は十分に固められます。受験を想定した参考書・問題集としては人を選びますが、時間に余裕のある時期からコツコツと取り組むならチャート式が理想です。

黄・青チャートは?

 どれも部分利用・辞書利用なら問題ありませんが、周回を前提にするなら非推奨です。それでも黄チャートなら偏差値65以上、青チャートなら偏差値70以上の全国でも有数の進学校に通い、かつ数学が得意なら選択可能です。

 まず、どの科目も教科書レベルが非常に重要です。『黄』は主に教科書標準から、『青』は入試基礎からの問題構成となっているため、教科書基礎から始まる白には一定の優位性があります。(持論として)成績の到達点はピラミッドのように表され、ピラミッド一段目の教科書レベルの網羅性が十分であるほど将来的な到達点は高くなります。このレベルは簡単な印象を抱くことから軽視する人もいますが、教科書の基礎的な知識から広がる問題の多くを正しく押さえられる人は少ない印象です。

 結果、そうした人は成績が伸びなくなります。そして、成績が伸びなくなったあとに改めて教科書レベルを網羅するというのは心理的・時間的にもハードルが高くなり、頭打ちになった科目として半ば諦める他ありません。だからこそ必ず最初のうちに基礎を網羅できるものに取り組むのです。

チャート式の使い方

STEP
例題を解く

1周目は例題(基本・標準・発展)を解き、余裕があったらTRAININGとEXERCISESも解きます。解説やコラムもしっかり読み込み、数学への関心を高められるようにしましょう。数学っておもしろい、理解するって楽しいという気持ちに繋げることが想像以上に重要です。

STEP
過去問(入試基礎レベルまで)と併用しながら解く

国公立志望なら共通テスト過去問(センターでも可)、私立志望なら最も易しい併願校の過去問を併用しながら2周目を解きます。このとき、TRAININGとEXERCISESも全て解きます。

過去問(入試基礎レベルまで)を解いては白チャートの該当箇所をその都度確認します。該当箇所が見つからないものは飛ばして構いません。

STEP
自問自答しながら復習する

ひとつひとつの問題の解法ポイントを意識しながら(書き込んでも良い)、自分の手を動かして解答をしっかり再現します。その際、要点ごとに自分のしていること、考えていることを自問自答すること。「なぜこの解法でうまくいくのか→それは□□だから」「この問題のポイントは〇〇で、△△の知識を組み合わせると解きやすい」などと自分に教えるように独り言を繰り返すと効果的です。丸暗記の知識を転写するのではなく、一歩ずつ自分の知識と理解を足掛かりにして進む感覚です。※過去問はアウトプットを意識させるきっかけに過ぎないため、復習までしなくても構いません。

STEP
適宜過去問に触れながら、何度も復習する

何のために覚えているのかわからなくなったり、丸暗記に陥ったりしそうなときには再び過去問を解きます。アウトプットの意識は常に失わないように。何度も復習をして問題ごとの解法を瞬時に正確に思い浮かべられるようになったら完了です

 チャート式の欠点は膨大な問題数によって悪しき解法暗記に陥り、全く応用力がつかないことにあります。この欠点をクリアするには、早い段階から実践問題を意識することです。実践問題によってインプットの重要性に気づけば、インプットする知識の要点を捉えられるようになります。

 俗説としてチャート式を何周もして完璧にするというものがありますが、それができる人は1万人に1人くらいです。しかもインプットに偏ると自己満足が加速し、実践で使えない手札が増えるばかりになりかねません。チャート式“のみ”を何周もして完璧にするではなく、何周もしたくないから過去問を通じて要点を把握し、チャート式からいかに早く離れられるかが現実的で効率も上です

新課程とノートパック

 数学は新学習指導要領によって、数学Bのベクトルが(復活した)数学Cに移行しました。大人の学び直しにおいてはそこまで気をつけることもありませんが、最新版は補助教材として無料動画が公開されていたり、時代の流れとも合致していたりと学べることが意外とあります。

 ただ、チャート式は改訂版が数多く出版されていて購入の際に間違ってしまう可能性があります。しばらくすると増補改訂版が追加されたりと少々ややこしい。

 基本的に2022年以降に販売されている『新課程』とされているもの(サムネイル画像)を買えば問題ありません。新課程の増補改訂版はまだ出版されていませんが、共通テスト対策が少し盛り込まれたりする程度の変更です。なお、チャート式『ノートパック』という例題を集めた補助教材もあります。チャート式を使用する際の時間短縮になるため、余裕があったら購入しておきましょう。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!